小田歯科医院
お問合せ・診療のご予約は06-6658-6480

予防歯科

予防歯科で、虫歯を作らない治療を。

予防歯科とは、虫歯や歯周病にならないようにするための処置です。

まず、虫歯や歯周病があればそれをきちんと治療し、徹底したお口の中の清掃とフッ素や特殊な機械を使用してのメンテナンスを行います。
今までは虫歯を削って詰める治療が中心でしたが、これからは虫歯を作らない予防が、大切となっていきます。

歯石の除去や咬み合わせのチェック、正しいブラッシングや食生活の改善など、予防習慣を維持していきましょう。

歯茎の検査

歯茎の検査 歯ぐきの状態を調べる検査で、歯周病の治療はここから始まります。 歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)の深さや、その時の出血の有無、歯石やプラークの有無、歯がグラグラしないかどうか等を調べます。

フッ素塗布

フッ素塗布 フッ素には歯のエナメル質の強化、細菌の活動の抑制などの効果があり、フッ素を歯に塗ることにより、虫歯を予防することができます。
はえたての歯はフッ素を吸収しやすいので、歯がはえる度に歯科医院で塗布するとよいです。

歯磨き指導

歯みがきの方法をアドバイスさせて頂くことです。

歯みがきは、間違った方法で一生懸命に磨いても、それほど効果がありません。逆に正しい方法で歯をみがけば、短い時間でも効率よく汚れがおちます。

私達の役目は、患者さん一人一人に合った歯みがきの仕方を提案し、手助けをする事です。

奥歯の裏側」等は小刻みに磨く
「歯と歯茎の間」は45度で

PMTC

歯科医師、歯科衛生士が専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行い、お口の健康維持のための環境作りを目的とした歯面清掃のことを言います。

PMTCをすることによりきれいに磨かれた歯面はプラークがつきにくくなります。
特に、タバコのヤニや茶渋など着色が気になる方や歯槽膿漏、口臭の気になる方にお勧めです。

専用の器具を使って歯石をとります。
専用の器具で、歯の表面のヤニなどの着色をとります。
仕上げに口の中を洗い、歯質を強化するフッ素を塗布します。
ページの先頭に戻る