小田歯科医院
お問合せ・診療のご予約は06-6658-6480

根管治療(歯の根の治療)

根管治療なら、抜かなくても治せる歯があります。

根管治療 虫歯をそのまま放っておくと、歯の神経に細菌が入り込んで炎症を引き起こし、膿がたまるようになります。
この様に歯の内部まで細菌に感染した歯は、抜歯せざるを得ないのが通常です。
しかし、感染した部分のみを除去する「根管治療(歯の根の治療)」を行えば、歯を残せる可能性が出てきます。

強い痛みは歯の内部からのSOSです

歯髄(歯の神経)は、刺激を感じるだけでなく、栄養も送る重要な役割を持っています。
「歯がとても痛い」場合は、歯髄から強いSOSを出している状態です。

この様な症状はありませんか

歯が強く痛むのは、歯髄(歯の神経)に細菌が入り込んだ事で炎症を起こし、膿が溜まった為です。

しかし、そのまま放っておくと痛みがなくなる事があります。それは神経が壊死した状態で、一時的に痛が治まったためで、良くなったわけではありません。症状はますます悪化している状態で、歯髄以外の神経がキャッチする程の症状が拡大した時、また強い痛みを感じる様になります。

以前神経を取る治療を行った方も痛みを感じる場合は要注意です。

根管治療とは

根管治療の器具 根管治療は虫歯菌や細菌に感染した歯の神経や血管を綺麗に取り除き、根管の中に薬剤を充填させ、菌の侵入を防ぐとても繊細な治療です。
現在では、インプラントを行う前の、歯を残すための治療として注目を集めている精密治療です。

根管治療が必要な歯

初期の虫歯なら問題ありませんが、虫歯が象牙質に達した場合や、象牙質にも穴が開き、歯髄が腫れ、膿が溜まって痛みを生じる場合は、根管治療をお勧めします。
※進行具合によっては治療が難しい場合もあります。

健康な歯
初期の虫歯
根管治療が必要な歯

治療の流れ

治療手順は、まず虫歯・神経を取り除き、徹底的に洗浄して密閉を行います。

治療前
虫歯・神経を取り除きます。
根管内を洗浄し、消毒をします。
充填剤で完全に密封します。
被せ物をします。

根管治療に使用する機材

治療後のメインテナンスについて

根管治療では歯の神経や血管を取り除く治療ですので、治療後は歯に栄養が届かなくなり、もろくなってしまいます。神経がないので痛みも感じず、虫歯の再発や進行に気付かなくなる恐れがあります。

そのためにも、治療後は定期的なメンテナンスが大事です。再発防止のため、もしくは再発してもダメージを抑えるためにも、定期的に検診を受けましょう。

ページの先頭に戻る