小田歯科医院
お問合せ・診療のご予約は06-6658-6480

滅菌・感染予防

当院の滅菌・院内感染対策

患者様に安心して治療を受けていただくため、院内の衛生管理を徹底しています。
診療に使用する器具は、患者様ごとに全て滅菌処理を行い、麻酔針や手袋等は、すべてディスポーザブル(使い捨て)にしています。
また、診療に使用する水は無菌的な水を使用しています。

滅菌処理について

滅菌処理について 滅菌とは、すべての細菌を死滅させることと言います。
使用する器具は、器材に合わせて滅菌処理を行い、診療に使用する直前まで滅菌専用のボックスに保管します。
歯を削る器具も、1回の治療ごとに滅菌処理を行います。
歯を削る器具の洗浄と滅菌について

主な滅菌の方法

高圧蒸気滅菌法

専用の機器を使い、高圧と蒸気によって、ウィルスや細菌を完全に死滅させる方式です。

高圧アルコール滅菌法

専用の機器を使い、高温とアルコール蒸気を高圧にすることで、ウィルスや細菌を完全に死滅させる方式です。

薬液滅菌法

グルタラール製剤や次亜塩素酸ナトリウム等の薬液を使用し、ウィルスや細菌を消毒させる方式です。

紫外線殺菌法

上記の方法で消毒した器具を、紫外線殺菌でさらに清潔に保存しております。

除菌水

中空系フィルターによる無菌的な水を治療時に使用しております。

器具の洗浄と滅菌処理

器具類を洗浄します
器具類の洗浄水洗いを行った後、専用の洗剤で洗浄します。
超音波洗浄を行います
超音波洗浄超音波洗浄を行う事で、細菌や微細な汚れをしっかりと落としきります。
再び水洗いを行い、乾燥後、滅菌パックを行います
滅菌パック器具は1回の診療ごとにパックします。
高圧蒸気滅菌または高圧アルコール蒸気滅菌を行います
滅菌器治療に使用した器具は、高圧蒸気滅菌または高圧アルコー蒸気滅菌を行い、細菌を死滅させます。
各保管場所に保管します
保管診療に使用する直前まで滅菌した器具は、常時滅菌灯の点いた滅菌ボックスに入れて保管します。

歯を削る器具の洗浄と滅菌について

最近、歯を削った後の器具について、メディアで取り沙汰される事が多くなりました。
当院では、歯を削る器具も他の器具同様、1回の治療ごとに洗浄と滅菌を行って、感染予防対策を徹底しています。

アルコール除菌を行います
歯を削る器具治療が終わった器具は、診療台の機器からアルコール除菌を行いながら取り外します。
洗浄を行います
超音波洗浄薬剤洗浄と、超音波洗浄器での洗浄を行い、汚れを取り除きます。
専用機器で、洗浄と注油を行います
自動注油器アルコールの入ったオイルで自動洗浄する切削器具専用の機器で、内部の汚れを取り除きます。
滅菌パックを行います
滅菌パック歯を削る器具は、1本ずつに分けて、滅菌パックを行います。
高圧蒸気滅菌を行います。
保管高温高圧の蒸気で、滅菌処理を行い、全てのウイルス・細菌を死滅させます。

診療時の衛生管理

診療時の衛生管理 治療の際の手袋・注射針、麻酔液とうがい用のコップは全て使い捨て(ディスポーザブル)にしています。 診療ユニットは使用するたび清掃を行い、治療時に飛び散る粉塵は「フリーアーム」で徹底的に吸引処理しています。 また、診療中に使う水、うがい薬は無菌的な水を使用しています。

空気清浄機 診療室のあらゆる箇所や待合室に空気清浄機を配置して、常にクリーンな環境を整えています。

診療器具以外も、院内衛生に気をつけています

診療器具以外も、院内衛生に気をつけています 気を付けているのは、診療用の器具や診療室だけではありません。
診療台・診察室はもちろんの事、待合室・玄関・トイレ等、院内のあらゆる所の衛生面に常に気を付けています。

ページの先頭に戻る